資格と許認可

ホーム>資格と許認可

資格と許認可
解体業を営む為には、建設業許可 (建設業法3条) 又は解体工事業登録 (建設リサイクル法21条) が必要です。
また実際に作業を行う者、指揮する者にも様々な資格や技能講習が必要です。

解体工事を営む場合

Q1:次の建設業許可(土木工事業・建設工事業・とび、土工工事業)をお持ちですか?
  • 「Yes」の方は今お持ちの許可で解体工事を実施できます。(登録は不要です。)
  • 「No」の方はQ2へ。
Q2:500万円以上の工事を請け負いますか?
  • 「Yes」の方は建設業の許可が必要です。
  • 「No」の方は登録が必要です。
  • 解体工事業の登録は、工事を行う都道府県ごとに登録が必要です。
  • 建設業許可は許可されれば全都道府県で工事が出来ます。
  • いずれの場合も主任技術者や監理技術者などの技術者設置が義務づけられています。

作業員などに必要な資格

(1)作業主任者を置き直接作業を指揮させなければならない作業と資格名
  • アセチレン(ガス)溶接装置を使う場合
  • 2m以上の地山の掘削
  • 高さ5m以上の足場の組立/変更/解体
  • 高さ5m以上の鉄骨造建築物の組立/変更/解体
  • 高さ5m以上のRC造建物の解体又は破壊
  • アスベストを取り扱う場合
  • 「ガス溶接作業主任者」
  • 「地山の掘削作業主任者」
  • 「足場の組立て等作業主任者」
  • 「建築物等の鉄骨の組立作業主任者」
  • 「コンクリート造工作物の解体作業主任者」
  • 「特定化学物質等作業主任者」

(2)作業指揮者を置き直接作業を指揮させなければならない作業
  • 木造建築物解体工事作業指揮者(参考:木造建築物解体工事作業指揮者安全教育)
  • 墜落防止作業指揮者
  • 車輌系建設機械修理等作業指揮者
  • 貨物自動車の荷の積み卸し作業指揮者
(3)技能講習を受けた作業者がしなければならない作業と資格名
  • 吊り上げ荷重5t未満の移動式クレーンの操作
  • 可燃性ガス及び酸素を用いて行う作業
  • 機体重量3t以上の重機の操作
  • 高さ10m以上の高所作業車の操作
  • 制限荷重又は吊り上げ荷重1t以上の玉掛け
  • 「小型移動式クレーン運転技能講習」
  • 「ガス溶接技能講習又はガス溶接作業主任者免許」
  • 「車輌系建設機械運転技能講習又は建設機械施工技術検定」
  • 「高所作業者運転技能講習」
  • 「玉掛け技能講習」

(4)特別教育を受けた作業者がしなければならない作業
  • 吊り上げ荷重1t未満の移動式クレーンの操作
  • 機体重量3t未満の重機の操作
  • 高さ10m以下の高所作業車の操作
  • 制限荷重又は吊り上げ荷重1t未満の玉掛け
  • 研削といしの取替え又は取替時の試運転
  • ホイスト等、動力式巻上げ機の操作

▲ページトップへ